CLOSE

CUISINE

特別な一日を彩る、帝国ホテルの料理

CUISINE

婚礼料理は、ご両家に成り代わり
感謝の気持ち、おもてなしの心をお伝えするもの。
だからこそ時間と手間を惜しむことなく素材の選定、下ごしらえ、調理法、盛りつけとすみずみに心を配り、一皿一皿に愛情をそそぐ。
そんな料理人のこだわりから生まれる創意豊かな料理の数々を、ゆっくりとご堪能ください。

PROFESSION

STORY 1PROFESSION

帝国ホテルでは、肉選び専門のブッチャーの厳しい審査を通った肉だけが、料理人のもとへと運ばれます。ホテル伝統のローストビーフは2週間ほど熟成させたのち、じっくりと焼き上げます。品質の確かなものを、最も美味しい状態でお客さまにお届けすること。そのために私たちは、今日も食材と向き合っています。

Grand Cuisine

STORY 2Grand Cuisine

時を経ても変わることなく、お客さまに愛され続ける料理があります。
「ローストビーフ」「テルミドール」「ダブルコンソメスープ」など。大正時代より慶びの日を彩ってきた、ホテルを代表するメニューです。脈々と継承されてきた技を用い、いまの時代にふさわしいアレンジを加えて。おもてなしの心とともに伝え継がれるお祝いの一品を、ぜひご賞味ください。

TRADITION

STORY 3TRADITION

ホテル開業当初より、人から人へ、手から手へと受け継がれてきた料理の一皿一皿。そこには、歴代の料理人の心と技が息づいています。いつの時代にも最高を目指し、さらなる美味しさを追求して創造し続ける。一世紀以上もの時のなかで行われ続けてきた、丁寧な仕事が、帝国ホテルの料理の歴史を築いてきました。伝統とは、革新とともにつくられていくもの。厨房では、いまも料理人が腕を磨き、新たなる伝統を生み続けています。

COURSEコースメニュー

2018年3月末までのコースメニュー

2018年4月からのコースメニュー